無縁だと思っても、ねずみ退治について知っておきたい

category01

ねずみは感染症の媒介になる事もあるので家で見かけたら早めに何とかしたいところです。

繁殖力が高くて年間で六匹は出産します。

厄介な所は四週間程経つと生殖ができる事です。



寿命は種類にもよりますが大体三年程です。夜行性で日没から動き始めます。


住み着かれると電気のコードを食い破られたりします。



自身の家は大丈夫と思ってもある日突然住み着く事も有りますのでねずみ退治の方法や対策の方法を知っておくと良いでしょう。
棒などで退治する事もできますが不意を突かないとかなり難しいです。

ねずみ退治の方法は罠を設置して侵入口を塞ぐ事です。


ねずみ退治に使える罠は主に四種類あります。

粘着シートや毒餌、バネ式の罠やカゴ式の罠です。


使い方はどれもただ置くだけですが、ねずみの行動を読まないと掛かりません。
ねずみの通り道を把握して毒餌や粘着シートを置くと良いでしょう。


それに加えてバネ式の罠かカゴ式罠のどちらかを設置すると良いです。使い方はどれも簡単ですが置く場所を決めるのが難しいです。
それぞれの罠の特徴を簡単にまとめると毒餌は毒殺を狙う罠で粘着シートは引っかかると動けなくなります。

バネ式の罠は引っ掛かればその場で死にます。
カゴ式の罠は生け捕りにする形になります。



これらの方法で様子をみて効果が出なかったら駆除会社に依頼するしかないです。
今は居なくてもその内出て来るかもしれないので日頃から隙間を作らないように対策しておくと良いです。

害獣駆除の秘密

category02

ねずみは昔にくらべたらあまり見ないようになったとはいえ、田舎の地区や飲食店、ビルやオフィスなどでは、まだまだねずみの被害に悩まされている人たちはたくさんいます。ねずみは、1匹その姿を見つけたら、その何倍もの数が潜んでいるといわれており、放っておくのは心配です。...

subpage

害獣駆除のよく解る情報

category02

騒音や悪臭、家具家財の損傷等様々な被害をもたらす害獣であるネズミは繁殖力が旺盛なので、早めの対処が大切です。ねずみ退治は自分で行うことも可能であり、その害獣の特性を利用すると良いです。...

subpage

害獣駆除について情報

category03

日常生活を送る環境でねずみが棲みついている痕跡を見つけたり、ねずみ自体を見つけた場合はできるだけ早くねずみ退治をすることがとても重要です。ねずみは多くの病原菌の媒介となることがあり、小さな子供やお年寄りなど、病気に対する免疫力の低い方がいるご家庭では早めにねずみ退治をしなければ命に関わる大きな病気に冒されてしまうケースさえあるのです。...

subpage

害獣駆除の納得の事実

category04

食べ物を食い荒らし家具や建材をかじり、屋根裏を走り回る騒音被害など、体は小さなねずみですが家の中に気配を感じると不安になるもの。電気の配線をかじられると火事を起こす危険もあるのです。...

subpage